Wi-Fiスポットっでのやりくりは可能か?

Wi-Fiスポットってだんだん普及してきてますね。喫茶店やレストランなどお店に入れば提供されていたり、場合によってはされていなかったり(笑

提供のされ方も違っていて、お店にはいってお店のIDのものにアクセスすればそれですぐに使えるものや、スターバックスのように事前に登録をしてからアクセスできるようなものもあったりします。

ただ、このようにしてアクセスする無料のWi-Fiスポットですが、アクセス時に注意しなければいけないのが“セキュリティ”ですよね。提供されている無料Wi-Fiの中で通信の「暗号化」がかけられていないものも少なくないようです。

暗号化ではWEP、AESなどといった方式がありますが、初期のWEPでは解読ツールが出回っているため安全とは言えなくなっているなど、暗号化の世界もセキュリティ強度維持はいたちごっことなっています。

今の暗号化規格の主流はWPA2です。外出時にふと店舗に入って高速のWi-Fiが使えたりすると便利でついつい使ってしまいがちですが、利用する前にはちょっと確認してみましょう。

暗号化がなされていない、または暗号化にWEPを使っているようだと通信データが悪意の第三者に読まれてしまう可能性がありますので、そういった場合にはアクセスを控えた方が良さそうです。

セキュリティは面倒ですが、怠ると大変な事になってしまいますし、最終責任は自分自身ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>